SHINHWAとメンバーのJunjinを応援してます♪saraへのMailなどは『はじめに』の所を見てくださいね。
by wosara
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINK






















JUNJIN中国CY
H2 Dongwan日記
Daum JunjinSUPPORTER


CODES COMBINE
MANFLOW


チョアチョア
saraのBlog(本館/본관)
♥JUNJIN♥ LOVE STREET・・・♥
チョンジンペンのayaちゃんのサイト♪
(♥)SHINHWA応援ちュ
ミヌペンのりなちゃんのサイト♪
剛回來時
ミヌペン(うどんペン)のinezさんのサイト♪
JUNJIN Style
チョンジンペンのmidoさんのサイト♪








BackSound
JUNJIN Featuring Eric
『사랑한다는 그 말 』






















最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
成功!!
b0111822_2021960.jpg

昨日のジニSoloコンサート参加しました~。
ジニコンよかったです!!!!!ジニ ダンスとかCute&Coolで色んなジニが見れてGoodでした。



それでコンサ&アルバム関連の記事を少しUPします。

『単独ライブにファン2000人が熱狂』



26日、東京・渋谷CCレモンホールでSHINHWAのメンバー、チョンジンが初の単独ライブ「2008 Jun Jin First Live Tour in Tokyo」を開催し、韓国のファンを含め2000人の観客が熱狂した。

25日に韓国で発売されたばかりのファーストアルバムと一昨年に出した初ソロシングルを中心に、エネルギッシュなダンスと歌を披露。安全地帯の「悲しみにさよなら」を日本語で歌うなど、パワフルなダンスナンバーからバラードまで、幅広い新たな魅力を見せた。

ライブの最後には、スタッフら関係者の名前をひとりひとり挙げて感謝の意を述べ、感極まる場面も。そして「研修生時代から数えるとSHINHWAで12年にもなる。兵役などあり、ソロ活動も頑張るが、SHINHWAはこれからも変わらない。ずっと応援して欲しい」と話し、ソロ活動をしながらもSHINHWAへの愛情を強く示した。




『チョンジン、自分は「静・パワフル・セクシー」』


 「今回のコンサートのために、一生懸命準備をしてきました。
もし何か不手際があったとしても、韓国での披露より先にお見せするということでご容赦いただければ」と初のライブへの意気込みを語った。
チョンジンは今朝まで、リハーサルをしていたという。

 初ライブの場として日本を選んだことについて「昨年は中国を中心に活動したため、日本のファンの方に申し訳ないと思っていた」とし、ライブでファンに見てもらいたいものは「すべて、だが、あえて言えばアルバムのタイトル曲に愛着がある」と話した。

 初のソロライブにあたって昨日、エリックから励ましのメールをもらったことを明かし、「アルバムは自分の力でやりたかったので、メンバーの力をあえて借りなかった。
しかしエリックはアルバムに参加したかったのにと言ってくれてうれしかった。
今はドラマの撮影で忙しくしているので、腰が悪いので大事にして、と返信した。
アンディ、ドンワンとはスタジオでよく顔を合わせたが、暖かく見守ってくれた」などとメンバーとの絆を感じさせた。

 そんな良い関係である一方、メンバーに対してライバル心はあるか、との問いに「求める音楽が違うせいか、正直、自分には競争意識はない。
メインで歌っているメンバーを見ていて、自分も歌いたい、という思いはあった」と正直な気持ちを吐露した。

 今回のライブのコンセプトは「チョンジンが生まれ変わった」だとし、M(イ・ミヌ)のようにシャツを裂いたりするか、と問われると「ミヌと違うのは、自分は『静』でかつ『パワフル』で『セクシー』。
先日、写真集を撮ったカメラマンが自分の魅力が「のど仏」だと言って、のど仏をたくさん撮っていた。
なので、のど仏を見せるかな?」とジョークを交えて答えた。

 「ちょっと恥ずかしいが、かわいらしい歌もあってファンに喜んでもらえると思う」とチョンジンが自信を持ってファンの前に姿を見せる初ソロライブは26日、東京・渋谷CCレモンホールで午後7時に開催される。
[PR]

by wosara | 2008-04-27 20:16 | JUNJIN
<< WA(new decade)2曲目 1集アルバム『NEW DECADE』 >>